OSAMUGOODS STORY

原田治さんが初めて語るオサムグッズの物語。コレクタブルブック『OSAMU GOODS STYLE』に掲載された中から
思入れ深いグッズを取り上げ、キャラクター誕生秘話やグッズ製作への思い等をご紹介します。

ERASER

キャラクター文房具が大流行した頃。ちょっと他よりレトロな感じで、オサムグッズのほうはいってみよう!っと考えて、その頃はプラスチックばかりの時代に、昔懐かしきセルロイド製の筆箱や下敷きを製造したり、ほんとのゴムを使った消しゴムに、フレキソ印刷(判子みたいな印刷)をしてみたりと、好き勝手にやってみました。

これはその一例。合成樹脂の消しゴムよりは消え方がイマイチだったけれど、どこか懐かしいデザインでしょ。それに思い出してください、あのゴム消しのゴムの匂い。

今はすっかり様変わりして、昔の文房具はもう使わなくなりましたね。それにもうセルロイドもゴム消しも作ってくれるメーカーが日本からは消えてゆきました。下敷き、筆箱はとっくに使われていませんね。次は鉛筆と鉛筆削りかな。やがてノートもパソコンにとって替わられるのでしょう。

関係ないけど、むかし京唄子と鳳啓介の上方漫才で、いつも啓介が、親しき仲にも礼儀ありを「シタジキのなかにもケシゴムあり」と云ってくれるのが好きでした。このダジャレももう通じないんでしょうけれど。

OSAMUGOODS STYLE HOW TO BUY?

OSAMU GOODS STYLE
出版社: ピエ・ブックス
発売日: 2005/04/01
サイズ/ページ: 210×148mm(A5)/240ページ
ISBN: 4-89444-416-4-X 定価(本体2800+税)