OSAMUGOODS STORY

原田治さんが初めて語るオサムグッズの物語。コレクタブルブック『OSAMU GOODS STYLE』に掲載された中から
思入れ深いグッズを取り上げ、キャラクター誕生秘話やグッズ製作への思い等をご紹介します。

SACK

マリン柄も、夏向けに沢山デザインをしましたよ。白と紺色のボー ダーを着たJILLにはフランスの水兵さんのような帽子をかぶせました。これは涼しさをテーマにした夏季限定シリーズでした。海、船の旅、白い夏雲などをイメージしてつくりまし た。

OSAMU GOODSの文字の書体は「ステンシル」といって、 よく貨物の木箱などに型紙を置いて絵の具を摺り込むプリントがありますがアレ風です。型紙の文字をつなぐため、Oの文字でも真ん中が離れているでしょ。つまり貨物船のような雰囲気にもしてみたかったわけですね。

このマリン柄では、本物のコルクで栓をするガラス壜も色々作りました。これは手紙を書いて壜に入れて、南の島から海に投げるっていう話からのイメージです。そういえば壜の手紙をテーマにした「メッセージ イン ア ボトル」というケビン・コスナー主演の映画もありましたよね。その他ビーチタオルの類い。濡れても構わない海水浴用のビニールのバッグやポーチなどなど、夏向けのシリーズは楽しい商品をいろいろ組むことができて、作るほうも夏の気分になって楽しみました。ただしデザインは冬の寒いうちに仕上げなくてはならないので、そこはプロのイマジネーションの見せ所なのでした。

そういえばフレンチスタイルのボーダー柄シャツって、むかし雑誌 「オリーブ」で流行りましたね。オリーブ少女の定番でした。今でもその後のオリーブおばさんや、まれに残っているオリーブおじさん達が着ているのを散見します。今考えるとJILLはちょっとオシャレの先取りをしていたのかな?

OSAMUGOODS STYLE HOW TO BUY?

OSAMU GOODS STYLE
出版社: ピエ・ブックス
発売日: 2005/04/01
サイズ/ページ: 210×148mm(A5)/240ページ
ISBN: 4-89444-416-4-X 定価(本体2800+税)