OSAMUGOODS NEWS

トムズボックス主宰絵本編集者でOSAMU GOODSコレクター土井彰史さんによる、ポップアップストア第2弾が7月28日に開催されました。

OSAMU GOODSコレクター土井彰史さんによる『原田治展』の関連イベント〝ポップアップストア(見せびらかし交流会)〟の第2弾が、世田谷文学館1階文学サロンで開催されました。土井さんのOSAMU GOODコレクションを実際に手に取って見ることができる、この〝ポップアップストア(見せびらかし交流会)〟は、DUSTY MILLER製のOSAMU GOODSをお客様にもご持参いただき、コレクターの土井さんに見せびらかしつつ、グッズにまつわるお話などで交流するユニークなイベントです。第2弾の今回も沢山のファンの方々に集まっていただきました。そしてそれぞれが大切にしてきたOSAMU GOODSを土井さんに披露してくださいました。中には土井さんも初めて見るという、貴重なグッズを持参してくださった方も!イベント会場は大いに盛り上がりました。参加された皆様、大切なグッズを披露してくださいまして、本当にありがとうございました!

〝ポップアップストア(見せびらかし交流会)〟好評につき、9月に追加開催が決定しました!【日時】9月15日(日)11:00-17:00 【会場】 当館1階ロビー 【参加費】無料

どんどん厚みを増す土井コレクション。「まだまだ先は長いけれど…」と土井さん。ポップアップイベントに集まったファンの皆さんは、懐かしい70年代製や80年代製のOSAMUGOODSを手に取って眺める機会に対し、本当に嬉しそうにされている姿が印象的です。

ダスティミラー製のマグカップとベッドタイムストーリーのハンカチを持って来られたファンの方と。

ステーショナリー類は学生時代に使ってしまうので、こうして綺麗な状態で残っているのは珍しい。「使っちゃうんだなぁ」と土井さん。はい、皆が皆「コレクター」ではありません。使う楽しさ、カワイイに機能性を加味したのがOSAMUGOODSなのです。学生時代の授業時のポップな相棒だったのですね。

土井さんが手に入れたOSAMUGOODSの福笑いで遊んでいます。ハンプティダンプティ以外にもバリエーションがありましたね。

ファンクラブ用の限定グッズをお持ちの方が来られて。土井さんとポップアップイベントのスタッフ一同、大興奮。メイルオーダーで原田治さんが直接イラストレーションを描いた扇子を手に入れることが出来たのです。今では考えられない企画ですね。家宝です。

土井さんも自身のコレクションにあるかどうか忘れていたくらいの、数が少ない貴重なブリキ缶。

大事に大事に仕舞われていたので、キレイな状態で残っていたオリジナルのトートバッグ。

これも貴重なステーショナリーですね。

「原田治さんのデザインテイストでは無いぞ、これは初期OSAMUGOODSのデザイナー奥村靫正さんの方かな」ファンの方と楽しい推理。

大事に大事にされて来られたのがよく分かります。あの頃、いつもカバンの中に。思い出のOSAMUGOODS。

続々と。ビーチマットは土井さんが心底羨ましがっていました。

mcシスターで原田治さんがイラストレーションを描かれていました。まだOSAMUGOODSが生まれる前ですね。いろんな「カワイイ」を追求していた若かりし頃の原田治さん。希少な記録ですね。

世田谷文学館原田治 展 「かわいい」の発見 Osamu Harada: Finding “KAWAII”

主催
公益財団法人せたがや文化財団 世田谷文学館
企画協力
渋谷出版企画
後援
世田谷区、世田谷区教育委員会
twitter
世田谷文学館
住所 157-0062 東京都世田谷区南烏山1-10-10
TEL 03-5374-9111
開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の時はその翌日)
※ただし展示替の期間中は、
企画展とコレクション展の両方を休止する場合があります
※館内整備のため休館をする場合があります。
詳しくは休館情報欄をご確認ください

関連記事_OSAMU GOODS NEWSより