OSAMUGOODS NEWS

原田治 展 「かわいい」の発見 Osamu Harada: Finding “KAWAII”奥田元宋・小由女美術館美術館レポート

1
2
3
次のページ

1970年代後半から90年代にかけて、女子中高生を中心に爆発的な人気を博した「OSAMUGOODS(オサムグッズ)」の生みの親、原田治(1946–2016)。
50 –60年代のアメリカのコミックやTVアニメ、ポップアートなどから影響を受けたイラストレーション―とりわけ、簡潔な描線と爽やかな色彩で描かれたキャラクターたちは、その後の日本の“かわいい”文化に多大な影響を与えました。没後初の全国巡回展となる本展では、イラストレーターとして活動するきっかけとなった、1970年代「an・an」の仕事をはじめとして、広告・出版・各種グッズなど多分野にわたる作品を中心に、幼少期~20代前半の初期資料や、エッセイ集『ぼくの美術帖』関連資料も交えて展示し、時代を超えて愛される、原田治の全貌に迫ります。

月を美しく見せるためのロビー設計、『元宋の赤』を彷彿させるシンボルツリーのいろはもみじなど、随所にこだわりが盛り込まれた、建築物としての美術館も素晴らしい意匠となっています。

奥田元宋・小由女ご夫妻は「ふたりの美術館」をつくることを長年の夢として心に抱き、作品が散逸しないよう大切に保管されていました。それらの作品が一括して故郷の三次市に寄贈され、実現したのが「奥田元宋・小由女美術館」です。(写真は美術館の常設展示室)

非接触型温度計による体温測定やマスクの着用、ソーシャルディスタンスなど新型コロナウイルス感染症拡大防止に関する取り組みを万全に行い、開幕式が行われました。

会場は1部2部と分かれています。この立体的な展示は初。アートディレクター服部一成氏デザインによるバナーやファッションブランドのCOMME des GARÇONSとのコラボレーションで使われたネオンサインが効いています。

若き原田治さんが渡米の折に描いたイラストレーションやデザイン意匠。当時一世風靡していたニューヨークのデザイン会社プッシュピンスタジオの影響を強く受けながらも、後に続く平凡出版(現マガジンハウス)のananでの活躍の下地となるオリジナリティを感じさせます。

若き原田治さんがイラストレーターとして活躍し始めた頃のイラストレーション。アメリカ文化を下敷きにいろんな画風に旺盛にチャレンジしていました。OSAMU GOODSの「かわいい」かわいいの芽生えが見え隠れしています。

現代ではパソコンのソフトで制作することが多い情報雑誌のマップコーナーですが、1970年代1980年代は手描きの細密な仕事でした。若き原田治さんは編集者と一緒に京都や神戸、大阪の街を歩き、あちらこちらをスケッチしたそうです。絵も文字も統一感があって、とっても見やすい。

様々なスタイルで描かれたイラストレーションの数々。媒体やターゲット層に合わせています。絶えず「見る側」がどう感じるかを大切にされていました。そして装丁仕事。鏑木清方風、北園克衛風、木村荘八風、仕事の内容によってオマージュの遊びが入ります。

 

1
2
3
次のページ
会    期
2021年5月13日(木)から6月27日(日)まで
休 館 日
毎週水曜日 (ただし5月26日は開館、翌27日は休館)
入 場 時 間
午前9時30分から午後5時まで (入館は閉館の30分前まで)
5月26日(水)、6月25日(金)は満月のため開館時間を午後9時まで延長
※会期中の満月開館延長は広島県への緊急事態宣言を受けて中止となりました。
会    場
奥田元宋・小由女美術館 企画展示室
入 場 料
一般:1,000(900)円、ペアチケット:1,800円、高校・大学生:500(400)円、中学生以下無料

※( )内は20名以上の団体及び前売り料金
※ペアチケットは一般の男女のペアが対象
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は観覧料無料

前売券販売所
【広島市内】
福屋八丁堀本店・広島駅前店、ひろしま夢ぷらざ、中国新聞社読者広報部、中国新聞各販売所(取り寄せ)
【三次市内】
サングリーン、CCプラザ
主    催
奥田元宋・小由女美術館、中国放送、中国新聞社
後    援
広島テレビ、広島ホームテレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送、FMちゅーピー76.6MHz、エフエムふくやま、尾道エフエム放送
FM東広島89.7MHz、三次ケーブルビジョン、三次市、三次市教育委員会
協    力
コージー本舗、トムズボックス、パレットクラブ
企  画  協  力
世田谷文学館
企  画  制  作
コスモマーチャンダイズィング
会  場  設  計
五十嵐瑠衣
アートディレクター
服部一成
twitter
facebook
instagram
youtube
公益財団法人 奥田元宋・小由女美術館
住   所 〒728-0023 広島県三次市東酒屋町10453番地6
T  E  L 0824-65-0010
開 館 時 間 午前9時30分~午後5時
※入館は閉館時間の30分前まで
※満月の夜は開館時間を延長(1月および2月を除く)
休 館 日 毎週水曜日(祝日の時はその翌日)
※但し、原則として水曜日が祝日または
 満月の場合は開館、翌平日休館。