OSAMUGOODS NEWS

原田治 展 「かわいい」の発見 Osamu Harada: Finding “KAWAII”神戸ファッション美術館レポート

1
2
3
次のページ

1970年代後半から90年代にかけて、女子中高生を中心に爆発的な人気を博した「OSAMUGOODS(オサムグッズ)」の生みの親、原田治(1946–2016)。
50 –60年代のアメリカのコミックやTVアニメ、ポップアートなどから影響を受けたイラストレーション―とりわけ、簡潔な描線と爽やかな色彩で描かれたキャラクターたちは、その後の日本の“かわいい”文化に多大な影響を与えました。没後初の全国巡回展となる本展では、イラストレーターとして活動するきっかけとなった、1970年代「an・an」の仕事をはじめとして、広告・出版・各種グッズなど多分野にわたる作品を中心に、幼少期~20代前半の初期資料や、エッセイ集『ぼくの美術帖』関連資料も交えて展示し、時代を超えて愛される、原田治 の全貌に迫ります。

神戸ファッション美術館は、ファッションをテーマにした公立では日本初の美術館です。1F展示室では、多彩なアートを紹介する「特別展示」と貴重な収蔵品を活用した「コレクション展示」を開催しています(コレクション展示は、状況により開催していない場合あり)。服の構造、色彩、素材、服飾史、技巧をテーマに古今東西の衣装やテキスタイルを学ぶことができます。3Fライブラリーでは、国内外のファッション関連の蔵書約40,000冊のほか、20世紀初頭からのファッション雑誌や仏・米・伊のヴォーグやエルのバックナンバーなどが閲覧可能です。

神戸ファッション美術館の『原田治展』は楽しい仕掛けが盛りだくさん!ネオンサイン編

展覧会ではすっかりお馴染みとなったネオンサイン。撮影スポットとしても大人気です。COMME des GARÇONSとコラボレーションで使用されました。本展では、会場を設計した五十嵐瑠衣さんによる仕掛けがいっぱいあるのです!

展覧会会場、入り口の眺め。受付で新型コロナウイルス感染予防をなどの説明を受けて中に入ると、細長い通路の先にはDOGのネオンサインが見えます。

細長い通路からぜひ振り返ってみてください。背後の壁にJACKとJILLのネオンサインが見えるように設営されているのです!

DOG・JACK・JILLのネオンサインが3つ同時に見られるスポットもあります。

こちらからはDOG・JILL・JACKのネオンサインが逆に見えますよ。

楽しい仕掛けが盛りだくさん!入り口編

会場に入ると薄暗く長い通路があり、「何が始まるのかな?」とワクワク。DOGのネオンサインが目に飛び込んでくる仕掛けになっています。

楽しい仕掛けが盛りだくさん!展示会場編

広い展示空間と柱を活かして、壁をリズミカルに配置してあります。観たいものを探しながら迷路を歩くように移動すると、次々と作品が登場する仕掛けです。横を見たり振り向いたりすると、違った視点で展示作品を観ることができます。

壁の隙間から見えるイラスト。興味をそそられる見せ方です。一度観ていても、見え方が変わると、また戻って確認したくなります。

関西・神戸ゆかりの作品を探して

雑誌『anan』で掲載された神戸のイラストMAP【1】に見入る3人のお嬢さん。昔の神戸ってどんなだったんだろう?今も残ってるお店はあるかな?じっくり眺めたくなりますよね。私たちの生活圏に関わりのある作品は、治さんを身近に感じる瞬間です。【2】書籍紹介の展示では、阪神・淡路大震災時にボランティア活動に従事するなど神戸と関わりのある作家、田中康夫さんの代表作『なんとなく、クリスタル』の本が。表紙デザインは治さんの仕事だったのですね。【3】関西ではお馴染みの「ポテトチップス 関西だししょうゆ」。関西・神戸ゆかりの作品も展示されてるので探してみてくださいね!

初出展の作品

初出展となる作品集『LITTLE DOG』。本展覧会で観られる初期のイラスト作品やOSAMU GOODの写真など収録されています。パルコ出版から刊行されたクリエーター集の1つ(PARCO VIEW 13) として、原田治さんのイラストレーションやそOSAMU GOODSのプロダクトの写真、美術エッセイやインタビューを収録しています。装丁はパレットクラブ盟友の新谷雅弘さん。巻末の付録マンガ『明石町先生栄花夢』が傑作です。

 

1
2
3
次のページ
会   期
2021年7月3日(土)から8月29日(日)まで
休 館 日
毎週月曜日、8月10日 (ただし8月9日は開館)
入 場 時 間
午前10時00分から午後6時まで (入館は午後5時30分まで)
※コロナウイルスの影響で変更の場合があります
会   場
神戸ファッション美術館
入 場 料
一般:1,000(800)円、大学生・65歳:500(400)円、高校生以下無料

※神戸市内在住の65歳以上の方は無料
※( )内は有料入館者30名以上の団体料金
※小学生以下は保護者(大学生以上)の同伴が必要
※神戸ゆかりの美術館、小磯記念美術館の当日入館券(半券)で割引

主    催
神戸ファッション美術館、神戸新聞社、毎日新聞社
後    援
サンテレビジョン、ラジオ関西
協    力
コージー本舗、トムズボックス、パレットクラブ、design studio paperweight
展  示  協  力
大阪樟蔭女子大学
企  画  協  力
世田谷文学館
企  画  制  作
コスモマーチャンダイズィング
会  場  設  計
五十嵐瑠衣
アートディレクター
服部一成
twitter
facebook
instagram
youtube
神戸ファッション美術館
住   所 〒658-0032 兵庫県神戸市東灘区向洋町中2丁目9−1
T  E  L 078-858-0050
開 館 時 間 午前10時00分~午後6時
※入館は午後5時30分まで
休 館 日 毎週月曜日
※祝日の場合は開館。翌平日休館
年末年始(12/29~1/3)、 展示替え期間(展示室のみ)